A.S.model
工作日記
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[HGUC アッシマー] 頭部ペーパーがけ


ペーパーがけは400番→600番→1000番の順で行い、空研ぎ(水につけないでそのまま)しています。

20060114-1.jpg
両側面の外側のみペーパーがけしています。
中央上部の窪んだ部分と外側ではツヤ具合が違うのが分かるかと思います。
やっぱりエアブラシでつや消しを吹いた時とは質感が全然違いますね。
つや消しを吹いたほうが良いように見えますが、これだけでもプラスチックのキットらしい「テカり」は無くなっているので良しとしましょう。

20060114-2.jpg
モノアイ周りのパーツも一部ペーパーがけしました。
場所は、額、アゴ、頬、モノアイ周りの正面のフチです。
こめかみ部分のダクトが付く部分は何もしていません。

20060114-3.jpg
後頭部のパーツです。
手前の平坦な部分のみペーパーがけしています。
中央の窪んだ部分とツヤが違うのが分かるかと思います。

20060114-4.jpg
アンテナパーツにはヒケがありました。
左がペーパーがけ後で右がペーパーがけ前です。
左の画像の広い面の中央にヒケがあるのが分かるかと思います。
ペーパーがけで消してしまおうかと思いましたが、アンテナの土台の円形パーツまで削れてきたので途中でやめました。
通常であれば溶きパテやアルテコ等のパテで埋めるのですが、塗装しないと目立ってしまいます。 今回はペーパーで処理しようと思ったのですが、ヒケが意外と深かったです。
成型色パテに初チャレンジと思いましたが、パーツを頭部に取り付けるとあまり目立たないので、このままにします。
次回は細部塗装とスミ入れを予定しています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。