A.S.model
工作日記
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[HGUC ゲルググ] 本体塗装終了
本体塗装終了しました~
つや消しはまだ吹いてません。
20070304-1.jpg


今回は時間かかりました。
その理由は続きます。。。



こんな塗装してました。
ん~よく見えない^^;
20070304-2.jpg
基本塗装をした後にそれぞれの色に、白を混ぜて明度を上げた塗料で、エッジを中心にグラデーション塗装しました。
「退色」表現の一環です。
かなり微妙ですね~
ま、これはベースですので、あとはエナメルで汚します。
でもエナメル怖い・・・

↓またです。
20070304-3.jpg
足首の軸を固定する基部が、バキっと(ToT)
一番上の画像に足が付いてないのは、このためです。
これ重症です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに重症ですね~(涙。
いのさん、こんばんは~^^。
あっ!・・・こっちもいい感じに^^。
・・・進んでる。
>エナメル塗料
今回は重症ですね~・・・私だったら立ち直れないかも・・。
私も、良くやりますよ~。・・・エナメル塗料は間接には塗らない方が良いですよ!、それか溶剤の量が多いのかも知れませんね・・
私の場合、薄めるときスポイトで1・2滴です。・・・その程度の濃度だったら間接もOKだと思うんですがね~。・・・負荷が掛かる所は危険です。
では また~。
2007/03/04(日) 23:04:22 | URL | kaz #-[ 編集]
これは辛いですね。パイプ状になっている部分は割れやすいのでしょうか?
ワタシもグフを作った時モビルパイプの縁にはみ出た塗料を溶剤で落とした時に1つ割れました。
2007/03/04(日) 23:48:09 | URL | doya #z7XDr28E[ 編集]
あいた~…(涙
いのさん、こんばんわ。
これまたイタイっスねぇ…(涙
ナゼか今まで割れた事ない僕ですが、エナメル溶剤が人より少ないのでしょうか?
いい事ではあるのですが、
スミイレ、なかなかスーっと流れないです^^;

割れた足首の後ろのぼやけたバーニアがピッカピカっスね♪
本体の汚しに合わせたバーニアの仕上げにも注目してます^^
でわまた~。
2007/03/05(月) 19:44:10 | URL | ぐっちMAX #-[ 編集]
>確かに重症ですね~(涙。
こんばんは、kazさん。

よく考えたら、今2人ともガトー機作ってますね^^
ちょっと足止めを食らいましたが、一応進んでます^^;

マスキングの手間を省いたのが失敗でした。
余計手間かかります(T-T)
はじめ塗ったとき、あまり塗料乗らなかったので、薄めすぎたかもしれません。
痛いけど、いい経験という事にしておきます^^;

2007/03/05(月) 21:25:55 | URL | いの #-[ 編集]
こんばんは、doyaさん。

元々ここはポリキャップが付いてたんですが、恐らく隙間からサフも乗ってないパイプの中に流れ込んだんでしょうね。
負荷がかからなければ、最悪ひび割れどまりで済みそうですが、今回は可動部だったので。。。
パーツ割れ経験されたようですが、お互い気をつけましょう^^;

2007/03/05(月) 21:31:40 | URL | いの #-[ 編集]
>あいた~…(涙
こんばんは、ぐっちMAXさん。

またやられました(ToT)
私も割れたのは初めてです。
いつもジャバジャバに薄めて流すのですが平気だったので、油断してました。
スーっと流れないのは・・・溶剤が少ないかもしれませんね^^;

バーニア見つかってしまいましたね^^;
いつものクセで、シルバーにしてしまいました。
ホントは濃いグレーの予定だったのですが。。。
シルバーで頑張ります!

2007/03/05(月) 21:39:31 | URL | いの #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/06(火) 01:32:38 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/07(水) 09:01:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。