A.S.model
工作日記
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[HGUC ジムストライカー] 脳内モデリング
HGUCジムストライカー、やっと落ち着いて手に取りました。
危うく買った事も忘れるところだった^^;

作る予定ではありますが、時期的にちょっと手が進まなくなりそうなので、今回はいつもやってる「脳内モデリング」を文章にしてみました。
よって、今回はテキストオンリー&長文ですm(_ _)m
もちろん細かい方針は仮組みをしてから決めますが、あくまでイメージです。
右脳が活性化しますw

これでしばらくの間は買ったときの「作りたい衝動」が収まりますね~
在庫が増えるのはコレは原因か?

かなり長いですが、続きです~



[]内は取説の番号です。

[1]~[3]胴体組み立て
首はポリパーツ(SEED系と同じ)ですね。
胸・腹のパーツは一体で前後2枚貼り付けですが、胸と腹の色分けが無いので問題ないですね。
肩の軸はポリキャップ+ABS樹脂の組み合わせで、前後可動しそうです。
軸を単独で見ると上下にも動きますが、無改造では無理ですね。
MGみたいに胸側の肩の上部を別パーツにすれば、いかり肩もできそうです。
ただ、ポリキャップでの支えになるのでヘタレそうです。
コクピットハッチの赤はシールですが、当然塗ります。
胸ダクトは胸のパーツに埋め込むのではなく、胸ダクト裏のダボを胸のパーツに差し込む形状になってます。
埋め込む形ならダクトのフィンを0.3mmプラバンで作成しなおすのですが、今回これをするとダクトの裏のダボを一旦切り取らないといけなくなりますね。

[4]バックパック
バックパック自身は特に問題ないかと。
バーニアはちょっと曲者ですね。
左右の小さいバーニアはシールでの色分けです。
思い切って削り取って、改造パーツにある長方形の角バーニアに変更しようかな。
後ろにあるメインの部分も、枠はいいとしても中にある丸バーニアはちょっとイヤ。
これもくり貫いて、改造パーツのバーニアにでも変更するかな。

[5]頭
緑の顔面と白の後頭部を貼り合わせての色分で、口はシール([17]で登場)
ちょっと不親切ですね~
でも1/144ならしょうがないか。。。
カメラの内側はディテールが入ったパーツをセット出来ますね。
シルバー等で部分的に塗り分けたら、いい具合にチラ見えするかも。
このクリアパーツは後ハメ出来るのか??

[6]マシンガン
毎度ながらの単純構造。
凹凸(おうとつ)が多いので、合わせ目消しに苦労しそうです。
ディテUPするなら、銃身と排熱口を開口して、シルバー系で塗装した真鍮パイプを使うと良さそうですね。
あと、ライフルの上につける針金みたいなのも真鍮線に置き換えるとか。
言うのは簡単ww

[7]・[8]ツインビームスピア
目玉の一つですね。
これはそのまま組みそうですが、スライド機構があるので塗装はげ防止の為のクリアランスは確保&肉抜き穴埋めはします。

[9]・[10]シールド
これもそのままですね。
目立たないところに肉抜き穴がありますが、これは埋めるでしょう。
あと打突武器としても機能するみたいなので、尖らせます。

[11]~[16]腕
肩と肩アーマーは要後ハメですね。
肩アーマーに付く稼動する部分の裏はプラバン貼るかも。
肘はヘイズルのような2重関節ですが、肘の脇に丸一モールドが付いてますね。
丸一モールドだけ白に塗らないといけないのですが、円形の塗りわけは面倒ですねぇ。
肘も下腕との後ハメが必要ですね。
肩と肩アーマーと下腕は合わせ目消しますが、肘の裏はどうしよう。。。
手首ですが、いつもスルーしますが、今回は手首周りに角バーニアを流用してカバーを付けてみようかな。
あ、黄色の部分(ライン)はシールです。
このキット、左手のみ平手が付いてますが、手と手首の付け根が稼動するみたいです。
腕を前に伸ばした状態で、手のひらを正面に向けれそうです。

[17]上半身の組み立て
口にシール貼り付け。
当然塗り分けます。
武器の握り手はここで作成。

[18]~[27]足
靴部分は足の甲に1軸可動があります。
ヘイズルみたいな感じですね。
膝は2重関節ですが、厄介なABS挟み込みの構造です。
もも横の合わせ目が段違いになっているので、ここはモールドとして後ハメしません!
すね横の合わせ目をモールドにするなら、ここも後ハメの必要なし!
目立つ所の合わせ目消しは膝のABSパーツぐらいかな。
こだわるなら、膝当ての黄色いラインの内側は合わせ目が出来る(C22・C23とC24・C25)ので、消すなら後ハメが必要ですね。
※この部分は、インストの完成見本も消してません。
足首のアーマーも合わせ目でそうですが、ここは組んでみないと目立ち具合が分からないですね。
足も黄色の部分はシールです。

[28]・[29]腰
フロントアーマーは真ん中でちょん切れば左右独立可動出来そうです。
可動はボールではなくT型ですね。
いつも思うのですが、最近の1/144はフロントアーマーを真ん中から切れば左右独立可動が出来るようになるのですが、インストにはそういう指示は書いてませんね。
自己責任でやれって事?分かるだろそれぐらいって事??
アーマー裏は埋めます。
あと股間の穴は、アッシマーやガブスレイのベースと、アクションベース対応の記載があります。

[30]下半身組み立て
脹脛のバーニアと、サイドアーマーはここで取り付け。
ここもバーニアは交換ですね。
アーマー裏は埋めます。

[31]~ファイナル!
上半身&下半身取り付けやら武器の取り付け等など。。。


以上、脳内モデリングでしたm(_ _)m

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。