A.S.model
工作日記
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[日記] もうちょい!
どうにかこうにか確定申告の書類作成も終わりそうです。
簿記の経験者がある方は分かると思いますが、なかなか貸借あわなくて。。。(^^;
あとは提出用に清書です。
多分、今週末ぐらいにはガンプラ復帰できそうです。
スポンサーサイト
[HG シラヌイアカツキ] アーマー裏処理
アーマー裏に貼り付けた0.3mmプラバンをザクっとハサミで切り取って、先端部分にアルテコを盛っています。
プラバンをベースに先端を尖らせます。
太ももはある程度鉄やすりで形を出しましたが、結構ボロボロだったので、アルテコで隙間を埋めました。
あとは削りながら形を整えて行きます。

20060213.jpg



最近、時期的に確定申告の書類を作成に追われています。
毎日マメに記帳すれば良いのですが、まとめて作表しておりますので結構時間をとられ、工作が滞っています。
余裕を見てはチョットずつ進めて行きたいと思います。

[HG シラヌイアカツキ] 久々に組んでみました
太もも&つま先延長具合の確認の為、組んでみました。
つま先長っっ!
そりゃそうだ。5mmも伸びてる^^;
肩がデカイので意識して伸ばしてみましたが、うーん・・・ですね。
アンクルアーマーの先端も延長して尖らすつもりなので、こっちが出来て再度検討します。

太ももは左側が失敗です。
ビール片手にギコギコ切っていたら、斜めになってしまいました。
おまけにちょっとズレて接着してしまっています。
ただでさえ腿裏に段差があって削り辛いのに、なお処理が面倒になりました。
まぁまだまだテンションが高いので、このまま走り続けます。

20060208.jpg

[HG シラヌイアカツキ] つま先延長続き
大雑把にプラバンを切り取り、大体の形状になるように鉄やすりで削りました。
20060206-1.jpg



最後にアルテコを盛って希望の形状に削っています。
側面の面を曲面から直線に近い曲面に変更しました。
ちょっと長いかな(^ ^;
20060206-2.jpg



ちなみに他のパーツはこんな感じです。
プラバン貼りまくり。
装甲裏などはパテで埋めようか悩みましたが、今回はプラバンで。
そろそろ太ももに手を付けます。
20060206-3.jpg

[HG シラヌイアカツキ] 足下後ハメ&つま先延長

20060203-1.jpg
つま先延長のため、つま先側のパーツ(右)と足の裏のパーツ(中央)を先に接着します。
これらを接着してしまうと、左のグレーパーツの後ハメ加工が必要になるし塗装時塗りわけの問題もあるので、後ハメ加工を行います。

20060203-2.jpg
まず、足の裏のパーツのかかと部分との接続部分で分割します。
これでグレーのパーツのかかと部分は単独で接続できますし、土踏まず部分もグレーに塗りやすくなります。

20060203-3.jpg
グレーのパーツの後ハメ加工を行います。
つま先側に接続するダボの穴を開口します。
左が開口前で右が開口後です。

20060203-4.jpg
これで画像の位置からつま先パーツに差し込むことが出来ます。
ダボ穴の開口具合次第ですが、接着しなくてもOKです。
今回は余裕をもって広げたので、塗装後に接着します。

20060203-6.jpg
つま先の延長を行います。
足の甲の高さのせいか、横から見るとちょっとつま先が短いような気がします。
全体から見ると、さほど気になりませんが。。。
甲のパーツを斜めに削り込んでもよさそうですが、つま先のほうを延長してみます。

20060203-7.jpg
1mmプラバンを4枚斜めに貼り付けて延長します。
実は無計画で切り出して貼り付けたので、底の部分の長さが足りていません(^ ^;
この部分はアルテコで埋めます。


[HG シラヌイアカツキ] ふくらはぎ後ハメ
まずは足元から。

20060201-1.jpg
このグレーのパーツの合わせ目を消す時に、赤枠で囲ったパーツのみは後ハメ加工の必要があるので、このパーツを後ハメ加工します。

20060201-2.jpg
グレーのパーツを分けたところですが、赤枠の部分が中に入り込んでいますので、この部分を処理します。

20060201-3.jpg
接続用のダボを切り取ります。
左が切り取り後で、右が元々の状態です。

20060201-4.jpg
切り取った部分に穴を開けます。
0.5mm→1.0mm→1.5mm→2.0mmと徐々に穴を広げていきます。

20060201-5.jpg
穴を開けた後はこんな感じです。
かなりギリギリになるので、慎重に行いました。

20060201-6.jpg
今度は赤枠内の出っ張りをニッパーで切り取ります。
これを切り取らないと、引っかかって上手くパーツが収まってくれません。

20060201-7.jpg
で、後ろからパーツを差し込みます。
赤枠の部分がダボを切り取った後に穴を開けた部分です。
後ろのカッターマットが見えているのが分かるかと思います。
ここに2mmのプラ棒を差し込めば終わりですが、所持していない為、他で代用です。
捨てずに取ってあるランナーの山から探しますが、2mmが見つかりませんでした。
そこで・・・
20060201-8.jpg
シラヌイ本体のパーツの赤枠のダボの部分を使います。
強度に不安が残りますが、上の部分はもう一つダボがあり、下の部分はバーニアのパーツで挟み込むので、いいかなと・・・
このパーツも合わせ目を消すため接着するので、思い切って切っちゃいました。

20060201-9.jpg
ちょっと短いですが、先ほどの穴に通して終了です。
接着をしなくてもよさそうですが、殆どこのパーツは動かないので塗装後に接着します。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。